日本はお金の教育が小さい頃から行われていな為、金融リテラシーが他の国に比べて低いと言われています。

お金の教育とは何なのか?要は、多重債務者にならない教育や、リスクある投資の説明、自己破産や債務整理などの勉強も当然に入ってきます。

確かにギャンブルで借金だらけになり家庭崩壊をさせる人、借金だけ残して行方不明になる人は、世の中に居ますが、それらの意味や対策を知るのは大人になってニュースや親、友達から教えてもらうぐらいです。

ギャンブル依存症になって借金をしたら将来どうなるのか?闇金から借入をしたらどうなってしまうのか?自己破産したらどんなデメリットがあるのか?

これらの事を義務教育の中で本来は教える必要があるのではないでしょうか?

特にパチンコは18歳以上からできるようになるため、それまでにお金に関する知識を付けることが将来に関わってくる事なのかもしれません。

当サイトは、「お金借りる大学」とタイトルにあるように、お金に関する知識を専門家監修のもと掲載していきます。

それを見て特に借入(借金)について慎重になってもらえれれば幸いです。

全ての借金が悪い訳ではありません。住宅ローンや自動車ローンは人生において必要な借金ですし、会社経営者などは銀行からいくら借入できるかによって信用度を計ることがあります。

それらについても分かり易く書いていきたいと思います。

日本でお金を借りる方法はどれだけあるのか?

お金を借りると言っても、方法はかなり多くあります。

最も手軽に借りれるのは親や家族、友人からお金を借りる事でしょう。

しかし、日本と言う国は借金に対して悪いイメージがあるため、身内や友人にでもなかなか気軽に「お金を貸して」と言えませんよね。

そんな時便利なのが、カードローンです。

お金を借りるイメージで真っ先に思いついたのがカードローンという人も多いと思います。

それだけカードローンは社会に馴染んでおり、日々テレビCMやインターネット広告で見ることが多いはずです。

まずはカードローンについて説明していきます。

カードローンでお金を借りるメリットは何なのか?

カードローンとは、カードを使ってATM等からお金を借入できるローンのことです。

昔はお金を借りる場合、仮に50万円であれば店頭窓口で50万円を現金で借りて、毎月決まった金額を決まった日までに完済するまで返済するのが一般的でした。

しかし、カードローンは限度額(極度額)を決め、その範囲内であれば繰り返し借入と返済ができるような商品になっています。

昔は返済しかできなかったことを考えれば、かなり画期的な借入形態とも言えます。

カードローンで返済日に2万円返済して、すぐに2万円借入することは今ではごく当たり前になりました。これは、残高スライドリボルビング払い等の返済方法ができてからの話です。

要するに、今のカードローンは支払いさえ遅れなければ自分の好きな時に限度額の範囲内であればいつでも借入ができる便利なローンになっているのです。

投稿日:

Copyright© 【お金借りる大学】お金借りたい人に専門家が助言・アドバイスします! , 2020 All Rights Reserved.